一年を振り返って

皆さま、いつもご支持ご支援頂き有難うございます。

今夏も猛暑で残暑も厳しいといわれていますが、体調には十分気を付けてお過ごしください。

早いもので皆さまのお力添えで、議員バッジを付させて頂いた日から一年が過ぎました。

元三田市職員とはいえ、議会はその中の身を置かないとわかりません。
右も左もわからないまま、初めての定例会。
そこで行った質問に新人議員への洗礼

今年の3月には本会議での採決時の初棄権。

また、議員の懇親会と、地域総合戦略の有識者による会議が重なっていましたので、懇親会を断り、会議の傍聴に行くなど、今思えば、議員の期数が重んじられる議員の世界で、新人議員としては先輩議員にケンカを売るような行為だったなのかも知れません。

しかし、志を持って議員になった以上、議員の常識よりも初志貫徹で、市民のために是々非々で取組み、建設的な議論を持って市政に携わっていきたいと思います。

一年のスキルしかありませんが、そのスキルと市民感覚を持って活動して参ります。
後援会も会費無料となっておりますので、ぜひ会員となっていただき、今後ともご支持ご支援賜りますよう、宜しくお願い致します。

三田市議会定例会表決に対するお詫び

 皆さま、ご無沙汰しております。

 本日、第335回三田市定例会本会議第2日が開催されました。
 42議案のうち、議案第1号平成27年度三田市一般会計補正予算(第5号)と議案第20号の一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について、表決時に退席致しました。
 本来ならば、おおさか維新の会所属議員として反対討論を行い反対すべきでしたが、急遽このような行動をとらせていただきました。
 三田市議会は会派制をとっているので、私は3名の無所属議員の方々と統一会派を組ませていただき、議員のいろはを教えていただいき、本当に助けていただいております。
 しかし、2月22日の企画総務常任委員会においては、おおさか維新の会の議員として議案第20号に対し、反対討論を行い、25日の予算常任委員会では私の未熟さゆえに、反対討論を行わずに反対したことから議会に混乱を招いてしまったのかもしれません。深く反省しておりますm(__)m
 幸いにも本日の本会議の中では、22日の委員会に対する委員長報告があり、第20号への反対討論の内容が報告されています。

委員長報告抜粋

 次に、「議案第20号 一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について」についてですが。
 
趣旨は、人事院勧告に基づ<国家公務員の給与改定に伴い、一般職の職員の給料月額、地域手当及び期末・勤勉手当の支給額等について所要の改正措置を講ずるとともに、特別職に属する常勤の職員及び市議会議員の期末手当についても同じ<改正されるもので、併せて、地方公務員法の改正等に伴う所要の改正がされるものです。

 自由討議で委員からは、人事院勧告に準じて一般職の職員の給料月額等を合わせて改正するのは、この時期は適切ではないのではないか。他自治体では、改正を見送る自治体もある中で、国家公務員に準じて一般職の職員の給料月額等を改正する理由が明確でない。今後、税収が厳しく、職員の人件費は増大することが考えられる。また、実質的には、正規職員が不足しており、全体の約4割が非正規職員である。このような状況についても抜本的な解決策もないのが現状である。財政的にも4、5年先が心配であるとの意見が出されました。

 また、討論についても、同じように、財政状況が悪い中、職員の給料や特別職の報酬の原資は税金であり、実質的な賃金指数も下がっている中で、一般職の職員の給料月額等を改正することは理解できないとの反対する討論がございました。


 
 この報告内容により、人事院勧告に基づいた職員、特別職、議員の給与、報酬増に対する関連議案への反対理由は市民にも伝わると考えたことと、統一会派であることも含め判断致しました。
 さっそく、元自民党ベテラン議員のFBではこの件が、投稿されていました。このことは激励していただいていると受け止め、今後の議員活動に生かして行きたいと思います。投稿有難うございました。
 また、昨年の補欠選挙においてご支持ご支援いただいた皆さま対し、ご期待を裏切る行動をとり誠に申し訳ございませんでした。今後はおおさか維新の会の議員として、しっかりと行動して参りますので、引き続きご支持ご支援賜りますようお願い申し上げます。m(__)m


新党参加へのご報告

 皆さま、大変ご無沙汰しております。
 正式に党員となるまではと考え、今日まで報告が遅れたことをお詫び申し上げます。
 私は昨年の三田市議会議員補欠選挙において、維新の党公認候補として立候補し、皆様のお力により議員バッヂをつけさせていただくことが出来ました。
 そして、その後の分裂騒動については、皆様に大変ご心配をお掛け致しました。
 三田市職員時代に「大阪維新の会 維政治塾」に参加することができ、その中で大阪維新の会の考え方に共感を覚え、公務員を辞職し昨年の選挙に挑ませていただきました。
 それ故に、維新の党への残留は考えられず、今後の政治活動は 地域政党大阪維新の会が発足させた 国政政党 おおさか維新の会に参加し活動することと致します。
 時代に応じた改革、将来に備えた改革をおおさか維の会 兵庫県総支部「兵庫維新の会の所属議員として「三世代にとって住み良いまち、子育てしやすい環境づくり」を目指し活動して参ります
 何卒、ご理解いただくと共に今後ともご支持ご支援宜しくお願い致します。

IMG_1349
IMG_1798